• 勤怠管理がスムーズになるタイムレコーダー

    勤怠管理に欠かせない機械として、オフィスで活躍するのがタイムレコーダー。


    記憶があいまいになりがちなスタッフの出勤時刻、退勤時刻を正確に記録してくれます。


    こうして勤務時間をしっかり把握することが、スムーズな給与計算や税務申告のベースとなります。
    タイムレコーダーの大切な機能として、まず時計が狂わないこと。

    Weblio辞書について興味がある方にオススメのサイトです。

    数分ずれるだけで遅刻と早退の判断に影響するため、面倒なデータ修正やスタッフの不信感にもつながってしまいます。
    最近は衛星を利用した電波時計が内蔵されているものもあり、秒単位で正確な時刻の記録が可能です。

    そのような製品を選ぶことで、管理者とスタッフ双方が納得いく勤怠管理に役立ちます。

    近年の勤怠管理は、パソコンを使ったデータ集計が必須といえます。

    従来の方式では手書きの日報や、印字されたタイムカードを見ながら端末に入力していました。



    しかしそれでは時間がかかるばかりか、入力ミスの心配もあります。

    税務申告の段階でミスがわかった場合、膨大な量の戻り作業が発生してしまいます。



    そんな事態を防ぐため開発されたのが、パソコンとデータを直接やり取りできるタイムレコーダー。


    製品によってUSBメモリなどからデータを吸い出す形、リアルタイムに端末へ反映される形などがあります。


    それぞれ金額に幅があるので、購入の際は予算や運用状況に照らし合わせて選択すると良いでしょう。

    日々の事務作業を軽減するために、タイムレコーダーの買い替えを検討するのも有効です。