• 勤怠管理に必要なタイムレコーダー

    勤怠管理は人事が行なうことが多く、従業員の就業状況を把握しなければなりません。
    従業員の出勤や欠勤といった状況を把握して勤務時間がきちんと守られているのか管理をすることが必要なのです。

    勤怠管理には出勤したという記録、時間の記録が必要になります。

    それはタイムレコーダーで記録をします。

    NAVERまとめが有名になってきました。

    従来はタイムカードという方法で本人が出勤や退勤を記録して申告するという方法で、どちらかといえば給与計算を行なうために1ヶ月分の勤務時間を計算するためのものでした。


    勤怠管理ではいつでもその状況を確認することができるという必要があります。

    タイムレコーダーと勤怠システムを連携することでいつでも勤務の状況が確認できるようになります。

    タイムレコーダーはICカードなどを利用して従業員がタイムレコーダーにかざすことで時間が記録されるのです。



    出勤や退勤といった時間が記録されると勤怠システムなどで確認をすることができるようになるのです。


    人事としてもこれまでタイムカードではできなかった勤務の状況をいつでも確認することができるのです。

    勤怠管理には残業などの時間数も必要になります。タイムレコーダーで出勤や退勤といった時間が記録されると勤怠システムで残業時間も計算することができるようになります。タイムカードでは1ヶ月分まとめて計算するまでわかりませんでした。
    このように従業員の勤怠を一元的に管理することができるようになること、自動的に時間の計算をすることができるなど人事といても管理レベルを上げることができます。