• 勤怠管理はクラウド連携のタイムレコーダーがおすすめ

    勤怠管理はどんな企業でも大きな悩みの種と言っていいでしょう。
    今、世間ではブラック企業という言葉が広く知られるようになり、これまで頻発していた過重労働というものが見直されようとしています。そして、勤怠管理がきちんとできていないとそういった過重労働を見過ごしてしまうようなことが起きてしまいます。かと言って、現状で出勤簿や紙に打刻するタイプのタイムレコーダーを使用している企業では、従業員の実際の労働時間がきちんと申告されているとは言い難く、勤怠管理を行うのが非常に難しくなっています。しかし、そんな状況を大きく改善してくれるものがあります。

    コトバンクに関するご案内です。

    それがICカードを使ったタイムレコーダーです。



    ICカードを使い、そのカードを社員証にしておくことによって、本人以外の打刻を防ぎ、正確な労働時間が把握できるのです。


    しかも、タイムレコーダーをクラウド型の勤怠管理システムと連携したものにしておけば、事業所が多くある企業でも、簡単に、そしてリアルタイムに勤怠情報を収集できます。



    また、システム上で集計が簡単にできるようになっているものがほとんどですので、過重労働もすぐに発見することができるようになります。


    また、システムによっては給与計算システムと連動したり、一体化しているものもあります。


    給与計算までの集計、チェックをシステムがサポートしてくれるので、人事、給与部門の負担も大きく改善されます。クラウド連携のタイムレコーダーを導入して、勤怠管理と同時に経費削減をはかれば、メリットはかなり大きいと言えるでしょう。