• タイムレコーダーと勤怠管理について

    タイムレコーダーというのは時間を記録するための機器です。



    その種類はいくつかありますが少し前までは紙でできたタイムカードという用紙に時刻を打ち記録するという方法でした。


    しかし最近ではカード式やバーコードを使用したもの、ネットワークを使用してパソコンやスマートフォンからも打刻をして記録できるようになりました。

    教えて!goo関する情報選びといえばこちらのサイトです。

    タイムカードとの大きな違いは時刻を紙に記録するかデータとして記録するかという違いであり、紙に記録する場合は計算するためにデータ化し直すなどの処理が必要になります。
    一方データとして記録することができるタイムレコーダーなら蓄積された打刻データから自動的に時間数なども計算することができます。

    勤怠は出勤したということと何時間働いたか捉える必要があるのです。
    また勤怠はいつでも確認できるようになっていなければ管理することができません。
    勤怠管理には打刻データが必要なのです。

    タイムレコーダーと勤怠管理をすることができるシステムと連携することで自動的に時間数を計算することができます。
    また残業時間も計算できるので効率的であるということと、勤怠管理ということから考えてもデータを吸い上げて計算して一覧で確認することもできるようになるのです。



    勤怠管理をするためにタイムカードでは限界があります。

    いつでも確認することができる、使いやすさ、そのあとの給与計算との連携を考えて構築することで、より効率的にミスも少なく運用することができます。


  • 最新情報

    • 勤怠というのは会社や店舗などで働く人の出勤や欠勤、働いた時間などのことをいいます。勤怠管理はその上司、または会社が正しく勤務をしているのか確認をするためにも必要なことなのです。...

  • テクノロジーの常識

    • 勤怠管理はどんな企業でも大きな悩みの種と言っていいでしょう。今、世間ではブラック企業という言葉が広く知られるようになり、これまで頻発していた過重労働というものが見直されようとしています。...

  • 知識を増やす

    • 勤怠管理に欠かせない機械として、オフィスで活躍するのがタイムレコーダー。記憶があいまいになりがちなスタッフの出勤時刻、退勤時刻を正確に記録してくれます。...

  • 注目情報

    • 勤怠管理は人事が行なうことが多く、従業員の就業状況を把握しなければなりません。従業員の出勤や欠勤といった状況を把握して勤務時間がきちんと守られているのか管理をすることが必要なのです。...