• 勤怠管理に必要なタイムレコーダー

    勤怠というのは会社や店舗などで働く人の出勤や欠勤、働いた時間などのことをいいます。

    勤怠管理はその上司、または会社が正しく勤務をしているのか確認をするためにも必要なことなのです。



    正しいかどうか判断するためにはその基準が必要になります。



    基準はほうりつや社内で取り決められている就業規則などになります。
    また休日の日数や時間数なども決めなければなりません。就業規則には勤務に対する取り決めが書かれていてそれは働く日数や時間数だけでなく有給休暇や欠勤、遅刻早退をした場合の賃金の控除についても明記されていることがあります。

    その基準が判断できるように勤怠管理を行う必要があります。出勤したかどうか、出勤時間や退勤時間は本人が記録しなければなりません。これはタイムレコーダーを利用する方法があり、最近はICカードなどで記録することができます。



    またスマートフォンなどを利用してインターネットから時間を記録するという方法もあります。
    タイムレコーダーは時間をデータとして持っているため、その時間データを勤怠管理に利用するのです。タイムレコーダーと勤怠管理を行うシステムを連携しておくことで出勤時間や退勤時間が記録されその時間から勤務時間を自動計算させるのです。
    また残業時間も自動的に計算させることができるので勤怠管理として、今どれだけ残業が発生しているのか確認することも可能であり、この結果を給与計算に使用することもできます。